総量規制対象外とは?対象となる借入とは?

年収の3分の1以下しか借り入れができないという制度を総量規制と呼びます。しかし、中には総量規制対象外になるものもあります。総量規制対象外とは、いったいどんなものなのでしょうか。
総量規制は貸金業法の改正によって導入されたもので、貸金業法が適用される業者からの借り入れの場合のみ適用されるものです。貸金業法が適用されるのは貸金業者で、消費者金融や信販会社、クレジット会社が貸金業者に当たります。これらの業者から借り入れを行う時は総額で年収の3分の1以下しか借りることができません。銀行や信用金庫、JAなどからもお金を借りることができますが、これらは金融機関のため貸金業者ではありません。そのため貸金業法が適用されないので総量規制対象外として年収の3分の1以上の借り入れを行うことが可能です。しかし、総量規制対象になっている会社からの借り入れであっても、年収の3分の1以上の金額を借りることができるものがあります。
総量規制対象外とは貸金業法に縛られる貸金業者であっても、定められたものの借り入れの場合には規制の対象にならないというものです。具体的には自動車ローン、住宅ローンや住宅リフォームのローン、緊急の医療費の貸付、個人事業者に対する貸付、顧客に一方的に有利になる貸付けなどがあります。これらは貸金業者であっても年収の3分の1以上の貸付を行えるものです。これは貸し手ではなく、ローンの種類によって定められているものです。

コメントは受け付けていません。.